Onsite

オンサイト開発

バングラデシュ及びアジア各国のエンジニアが日本のお客様の会社に常駐してお客様と一緒に開発するサービスをオンサイト開発といいます。 オフショア開発と比較して人件費のコストは高くなりますが、常に直接のやり取りができるので、 お客様の需要を的確につかむことができます。また、お客様はサービスの内容を常に確認することができ、 エンジニアに正確に要求を伝えることができます。そのため最も一般的な開発方法になります。 また、このオンサイト開発を経験してから仕事を切り出してオフショアに繋げていくことも可能です。 一方で、オンサイトよりもコスト削減が削減できるニアショア開発もおすすめです。

Offsite

オフショア開発

オフショア(Offshore)とは岸(shore)から離れている(off)という意味で、つまり海外という意味です。 オフショア開発とは、海外で行うシステム開発ということになります。 弊社の場合、日本に比べて人件費が低い新興国の中でも親日で優秀なIT人材の豊富なバングラデシュを拠点として行っております。 現在、約6割のIT企業がオフショア開発を導入しているといわれており、市場規模は年々増加しています。 人材の固定化が容易なラボ型開発の方がおすすめです。

オフショア開発の利点は

  • 開発費用を大幅に削減することができる
  • チームのスケーラビリティが高い
  • 優秀なエンジニアの確保

などがあげられます。 弊社では、他社よりも圧倒的なコスト削減をしています。

SES

業界トップクラスの実績

当社では、多くのビジネスパートナーと協業し、優秀なエンジニアを派遣しています。その実績は業界トップクラス。パートナー企業とのリレーションシップを大切にし、安定した人数を常に確保することが可能なことは、最大の強みとも言えます。

必要に応じた人材を提案

システム開発に詳しい営業スタッフがお客様への対応を行うため、ニーズに即したエンジニアの提案が可能です。当社SESの特徴は、Java関連や生命保険業界に強く、ミドルウェアに特化した部隊があることです。また必要に応じて数十名の人材を集め、チーム単位でSES提案することができるのも強みのひとつです。

外国人観光客向けハラル情報適用サイト運用

日本訪れる観光客段々増加しつつであり、これからも東京2020オリンピック向けもっと増加することを予想されています。そこで我々は外国人観光客向け情報適用サイトを運用することを決めました。これからアジア人観光客増える傾向であり、その中でムスリム客向けハラル情報サービス適用することを専門的にやることを決めました。世界中のハラル市場を増え続けており、日本でもxx円市場と言われています。ムスリム客は食事にこだわりがあり、ハラル認証した食事しか食べないことから日本でハラル食事を適用した店を集約し、ムスリム観光は日本でもっと楽しい観光できることを我々望んでいます。弊社が運用するサイトは観光客だけではなく日本に住んでいるムスリム人に対してお祈り場所及びハラル食材売っている店の情報も適用しています。